ドリップコーヒーとは

subpage01

ドリップコーヒーとは、文字通りレギュラーコーヒーがドリップバックに入った状態のものを指します。

ガジェット通信のココだけの話をしましょう。

一般的にコーヒーを飲もうとすると、たいていの人はインスタントコーヒーを購入するかと思います。



しかし、コーヒー本来の風味や味わいが半減していますので味気ないです。


本格的にコーヒーを飲もうとするのであれば、コーヒーメーカーとレギュラーコーヒーを購入しなければなりません。コーヒーメーカーは、結構な値段がしますし、レギュラーコーヒーもそれなりの値段がして、中にはコーヒー豆の状態で販売されていて、自分でコーヒー豆を挽かなければならないという煩わしさがあります。
そんな煩わしさをなくして、インスタントコーヒーのように手軽にレギュラーコーヒーを飲めるようにしたものが、ドリップコーヒーです。

一杯ずつレギュラーコーヒーがドリップパックされていますので、それをコーヒーカップに差し込んで、あとはお湯を注ぐだけで簡単にレギュラーコーヒーができてしまいます。

これであれば、コーヒーメーカーを購入する必要がありません。

しかも、一杯あたりが20円程度と、お財布にも優しいです。
インスタントコーヒーを買うよりかは安い場合もあります。

しかし、一杯ずつドリップバックされたタイプが出てきたのは最近の話であり、昔はペーパードリップでレギュラーコーヒーを入れるタイプが多かったドリップコーヒー。
時代が流れれば、便利さを求めて使いやすさも増してきました。